三上つかさの雑談ブログ

新しいニュースから生活お役立ち情報、茶道、ブログなど雑多な話。

東京のタクシー初乗りが410円に!でも長距離は割高に……

  公開日:

タクシー

みなさんこんにちは、三上つかさです。

私は東京在住ではないので、このニュースとは縁遠い存在なのですが、東京でお仕事をされている方にはBigなニュースなのでしょう。
それは、「東京のタクシーの初乗り料金が410円に変更」されるというニュースです。

初乗りが安くなるということは、当然短い距離の移動が安くなります。

でもちょっと待って!!
短い距離の料金が安くなるということは、逆に長い距離の運賃が高くなるのでは……?

(画像はhttp://daiichi-taxi.com/より引用)

スポンサーリンク


料金改定後の値段設定は?

この表を見てもらえばわかるのですが、現行(前)の初乗りは730円~700円、今日から改定された初乗り料金は410円~380円です。実に320円もの差があるんですね。

「おっしゃラッキー☆今までより300円も安くタクシーに乗れるぜ!!」

なんて、そんな甘いことは起こらないのがこの世の中です。

長距離だと割高に!?割高になる分岐点は…?

初乗りが安くなるということは、短い距離が安くなるということ。

このしわ寄せがどこに来るかと言うと、長距離移動をする人にくるのです。どういうことかというと、基本料金を安くする代わりに、使用料でガッポリ稼ごうとするということです。

下の産経ニュースのツイートを見てください。

問題となるのは、2枚目の画像の方です。

(産経ニュースより引用)

初乗り運賃が安くなる代わりに、加算運賃、時間距離併用制運賃が増えていることがお分かりになるでしょう。
さらに、初乗り運賃で行ける距離が短くなっているのです。さらに加算されていく料金も、短い時間、短い距離で料金が増えていきます。

初乗り運賃の差320円が埋まってしまうのは、2km~6.5kmの間、つまりは約6.5km以上の走行の場合は間違いなく割増になってしまうのです。

「ちょっとの距離」の移動にタクシーを利用する人は増えそうですが、長距離を使用したい人にはちょっとうれしくない料金改定ですね。

タクシーの運ちゃんは……?

今回の料金改定で、短い距離のタクシー利用が増加することが考えられます。

タクシーの運ちゃんはダイレクトにこの料金改定の影響を受けるのですが、収入はいったいどれだけの幅で変動するのでしょうか……?

「初乗り料金が安くなる」という言葉だけを聞いて不安になっている人もいるでしょうが、一概に収入が減るとは言えません。

まず、「利用者の増加」はあり得るでしょう。そして、短い距離での運用が増えるため「回転率の上昇」も考えられます。中・長距離の場合は運賃も以前と変わらない、もしくは割増になるという事実を考えれば、収入が大幅に減るとは思えません。

しかし、細かい距離の移動が増え、なかなかお客さんを見つけられない時間が多かったり、逆に仕事が多すぎて大変になるなどのことも考えられます。

いずれにせよ、タクシーの運ちゃんが今までのタクシー運用方法を改め、新しい料金設定に会ったタクシー運用を考える必要がでてきます。

 

スポンサーリンク