三上つかさの雑談ブログ

新しいニュースから生活お役立ち情報、茶道、ブログなど雑多な話。

【大掃除必見】洗濯槽がピカピカ「過炭酸ナトリウム」の威力と使い方(動画つき。洗濯機。)

  公開日:

f:id:tsukasamikami:20151223124125j:plain

みなさんは、年末の大掃除をどれだけ本気で挑むつもりでいますか?

もしも洗濯機、洗濯槽までピカピカにし掃除したいのであれば、こちらの記事を見ていただきたいと思います。

私が洗濯槽を掃除する際に使っているのは、

「過炭酸ナトリウム」(酸素系漂白剤)です。

どこのとは言いませんが、市販されている洗濯槽クリーナーの中にはあまり効果がないものがあるんです。理由は後述しますが、とにかくこの過炭酸ナトリウムの威力はすさまじいく、引くほどきれいになります。動画もつけていますので、使用する際には参考にしてください。

  1. 「過炭酸ナトリウム」の威力と使い方
  2. おすすめの「過炭酸ナトリウム」
  3. なぜ市販の洗濯槽クリーナーじゃだめなのか

この順で説明していきます。

 

1.「過炭酸ナトリウム」の威力と使い方(洗濯槽がピカピカ)

 動画にして使い方を説明していますが、軽く文章でも説明します。

  1. 洗濯槽に45℃程度のお湯をためる
  2. 水かお湯で溶かした過炭酸ナトリウム(500g)を投入
  3. 洗濯機を回す
  4. 洗濯機をとめて6~8時間放置
  5. 軽く洗濯機を回してカビをすくう
  6. 水を流す
  7. 5~6をカビが出なくなるまで数回行う

この1~7までのステップです。時間はかかってしまいますが、その分成果は大きいので期待してください。

1の「お湯をためる」は「過炭酸ナトリウム」が効果的に働くための条件ですので、水ではなくお湯にしましょう。(もちろん水でも効果はありますが)

 

2.オススメの「過炭酸ナトリウム」

 私が使ったことのある商品の紹介です。

 まずは「シャボン玉石けん 酸素系漂白剤」です。

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

 

 amazonnでの評価も高い商品ですね。名前に「過炭酸ナトリウム」とついていませんが、酸素系漂白剤=過炭酸ナトリウムで、純粋な「過炭酸ナトリウム」ですので心配ありません。

以下はamazonレビューの一例です。

920 人中、860人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
洗濯槽の洗浄に最適

598 人中、557人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★ヘビーユーズ中 酸素系漂白剤はどれも過炭酸ナトリウム100%だから値段と容量で選んで

129 人中、123人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
★★★★★黄ばんだプラスチックも綺麗なり買って満足の商品

amazonのレビューには洗濯槽を洗う以外の使い道も載っていますので、ぜひ見てみてください。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)1kg

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)1kg

 

 こちらはただの過炭酸ナトリウムですね。こちらもamazonのレビューを見ていただければと思います。

 

個人的には、前者の方が使いやすかったですね。効果の違いは良くわかりませんでしたが、保存がとても簡単なのです。

浴槽や洗濯槽に使い、全部を一簿に使い切れればいいのですが中途半端に余ってしまうこともしばしば。そんなときはチャックを閉めて、立ったまま保存ができるのがとてもうれしいです。実用性が考えられている、よい商品だと思います。

<お得な4個パック>シャボン玉 酸素系漂白剤 750g お得な4個パック

<お得な4個パック>シャボン玉 酸素系漂白剤 750g お得な4個パック

 

 思い切ってこちらを買ってみましたが、いろいろと使っているとなくなってしまったので、一度使っていいと思ったら買ってみてもいいかもしれませんね。

 

なぜ市販の洗濯槽クリーナーじゃだめなのか

市販のものと「過炭酸ナトリウム」には決定的な違いがあります。

それは、市販のものはカビをとかし、過炭酸ナトリウムはカビを浮かび上がらせるということです。使い方を見てもらえばわかりますが、カビをすくわなければいけません。これが手間ですよね。

この手間を簡略したのが市販のクリーナーなんです。そのため、多くのカビを浮かび上がらせてはいけないんですね。一度のすすぎでどうにかなる程度のカビしかとってくれないのです。工夫を凝らして、カビを「溶かす」なんてこともしています。

対して過炭酸ナトリウムは、カビと壁の間に入り込み浮かび上がらせるだけです。単純だからこそ、より多くのカビを撃退することができます。手間ですけどね。

 

普段の掃除はクリーナーを使って、大掃除などのおおがかり掃除には過炭酸ナトリウムを使う、などと使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク