三上つかさの雑談ブログ

新しいニュースから生活お役立ち情報、茶道、ブログなど雑多な話。

WordPressで記事を複製する方法。プラグイン「Duplicate Post」

  公開日:2016年6月19日

duplicate-post

WordPressで自分のサイトに記事を書きたいというときに、以前の記事と同じフォーマットで書きたいと思ったことはありませんか?その場合、いちいち記事をコピペして……なんて、面倒くさいですよね。

そんなときに役立つのが、「Duplicate Post」というプラグインです。

このプラグインを追加するだけで、記事の複製が一瞬で行えるようになります。この「Duplicate Post」というプラグインは日本語に完全対応しているので、設定をいじるときもわざわざ調べる必要はありません。また、設定をいじらなくてもすぐに使えるので、WordPress、プラグインに不慣れな人には優しい仕様になっています。

それではさっそく使い方の説明に入ります。
……と言っても、説明の必要はほとんど必要ないのですが。

スポンサーリンク


「Duplicate Post」導入方法

「Duplicate Post」というプラグインを追加するためには、

「プラグイン」>「新規追加」>「Duplicate Post」で検索 > 今すぐインストール > 有効化

これだけです。

導入しただけで使えますが、ここでは一応設定の方も見てみましょう。先ほど述べました通り、すべて日本語になっているので感覚で設定をいじることができます。

キャプチャduplicate-post-2

説明をしようかと思っていたのですが、本当に説明の必要がないくらいわかりやすい設定なので、ご自身が使いやすいようにいじってみてください。

「Duplicate Post」使い方

「Duplicate Post」の使い方の説明です。

これも感覚的に操作することができます。

duplicate-post-4

このように、「編集/クイック編集/ゴミ箱へ移動/プレビュー」の下に、「複製」と「新規下書き」が追加されています。

「複製」はその名の通り、その記事を複製して下書き状態にしてくれます。記事一覧の一番上に、追加されているでしょう。

「新規下書き」は、複製をし、そのまま編集ページにとんでくれるというものです。この記事を複製して新しい記事を書きたいという方は、こっちの方が便利ですね。

おわりに

この「Duplicete Post」というプラグインは、非常に便利です。

特にレビューサイトなどで、決まったフォーマットに従ってレビューを書いていこうと思った時に、段落だけを設定しておいたり大枠だけ書いたものをつくり、それを複製していくことで統一感のある記事づくりをすることができます。

余計な機能は一切入っていないので、手軽に追加できます。

あって困るものでもないので、とりあえずの気持ちで入れておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク